profile1

川本 悠自 Yuji Kawamoto

プロフィール
1978年8月31日 岡山県津山市生まれ千葉市育ち。 乙女座 A型
趣味:読書・映画や舞台鑑賞・旅行
好きなもん:お茶、ウィスキー、黒砂糖、鶏の唐揚げ、パン、椎茸
嫌いなもん:ニンジンのグラッセ、豆乳

高校よりエレキベースを始める。立命館大学入学と同時にジャズ研に所属。ウッドベースを始める。同期と先輩に恵まれ、酒とジャズまみれのダメ学生生活を送る。1999年、京都大学 Dark Blue New Sounds Orchestra に所属し、山野楽器主催BIG BAND JAZZ CONTESTにて優秀賞受賞。卒業後、2001年頃より東京に拠点を移し、都内近郊のジャズクラブに出演するかたわら、エレキベースとウッドベースの両方で幅広いジャンルでライブ、レコーディングなどで活動を始める。

2007年にはスウィングジャーナル誌人気投票6年連続一位のアカペラカルテット「XUXU」と共作アルバム「アカペラ協奏曲第1番作品23」を制作。同じ頃にサックス奏者の山口真文氏、ドラマーのジョージ大塚氏、ピアニストの辛島文雄氏など、日本を代表するジャズミュージシャンのバンドに参加。2011年には世界的トランぺッター、Eddie Henderson氏の沖縄ツアーに参加。その他、渡辺えり、三宅裕司Light Joke Jazz Orchestra、坂東玉三郎などのコンサートツアーサポートに多数参加している。多数のバンド・セッションに参加する傍ら自己のグループでの音楽活動も行っており、2017年、全曲オリジナルの1stリーダーアルバム「白雲一片去悠々」を発表。

また演奏活動と並行し、作編曲家として演劇や映像の音楽も手がけている。演劇の音楽担当作品に、2015年演劇ユニット・三軒茶屋婦人会(篠井英介、大谷亮介、深沢敦)公演「スワン」(作演出:G2)、同年渡辺えり還暦記念公演「ガーデン~空の海、風の国~」(作演出:渡辺えり)、2018年おふぃす3◯◯40周年記念公演「肉の海」(作演出:渡辺えり)など。

演奏活動・作編曲活動の他、芸術家の交流、発信・および教育の場を構築することにも力を注いでおり、2012年~2015年まで銀座7丁目でアートスペース「スペースにはたづみ」の運営に携わり多数のイベントなどを企画した他、自らの主催で、広角な視野の音楽教育を目指して音楽教室を経営している。